【野球】セイバーメトリクス総合指標WARとは、どういう意味?簡単に説明!

最近野球の掲示板等でよく聞く「WAR

野球選手の価値を測るための指標だということは分かるけれど、

どういった計算方法で、どこまでの信頼性があるのか?

Wikiを見ても良く分からないという人のために、簡単に説明したいと思います。

WARって何の略?

WARとは、Wins Above Replacementの略です。

意味は、「そのポジションの代替可能選手(Replacement)に比べて、どれだけ勝利数(Wins)を上積み(Above)したか?」

を表しています。

つまり、WAR1.0だった場合は、平均的な選手を使うより、その選手を使ったほうがチームは1勝多く上積みすることが出来る、と考えることが出来ます。

野球フリー素材2

WARの算出方法

WARの算出方法を理解するのはかなり困難です。

何故なら、WAR以外の複数の指標を算出し、それらを総合的に組み合わせてWARが算出されるからです。

たとえば、

・守備の評価を示すUZR

・打撃の評価を示すwRAA

など、いくつかの指標を組み合わせて計算されます。

そのため、ややこしいことは覚えずに、

WARとは、打撃や守備、走塁、球場の環境等いくつかの要素複合的に評価し、それらを総合的に評価したもの

と覚えましょう。

なので、打撃がめちゃくちゃいい選手でも、守備が悪ければWARは高く出ないでしょう。

逆も然りです。

そのため、イチローみたいな走・攻・守揃った優秀な選手は、WARは高く出ます。

まあ当然ですよね。チームの勝利のために必要なのは、打撃だけでも守備だけでもないんですから。

WARがどれくらいあったら優秀なのか?

WARがどれくらいあれば優秀な選手といえるのか?

下記にまとめました。例で挙げた選手は2016年の成績が参考です。

MVPクラス:8.0以上 (坂本勇人、山田哲人)

スーパースタークラス:5.0~8.0 (菅野智之、菊池涼介etc)

オールスタークラス:4.0~5.0 (角中勝也、メッセンジャーetc)

主力選手クラス:3.0~4.0 (藤浪晋太郎、田中賢介etc)

レギュラークラス:2.0~3.0 (内川聖一、新井貴浩etc)

控え~2軍選手:2.0以下~マイナス (鳥谷敬、倉本寿彦etc)

野球フリー素材

結論:WARの使い方

WARで面白いのは、一見好選手のように見えても何かに大きな欠陥があれば、数値は高くならないということです。

逆に地味な選手でも、貢献度さえ高ければWARは高く出ます。

例で言うと、広島の丸佳浩なんかは結構地味な印象ですけど、WARは6.6とかなり高いです。

他にも、阪神メッセンジャーや楽天の則本昂大なんかもWARは高く出がちです。

WARの使い方としては、

地味だけど実は凄い!

う選手を見つけるためにあるのではないかと思っています。

皆さんも贔屓チームのWAR、確認してみませんか?

きっと、影の苦労人がいるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする