【日ハム】イケメン・西川遥輝(にしかわはるき)の能力評価・特徴について

西川遥輝の能力・特徴

和歌山の名門・智辯和歌山高校出身の7年目の選手で、現在24歳です。

智辯和歌山は甲子園常連の名門校でありながら、長らくプロで活躍する選手を生み出せていないことから、「智辯和歌山ブランドはプロでは使えない」と評されてきました。

そんな評価を覆したのがこの選手です。

2013年から活躍し始め、2014年は13三塁打と歴代5位の成績をたたき出しました。

俊足で盗塁が多く、2014年は43個で盗塁王に、2016年も41個の盗塁を記録しました。

また選球眼も良く打率.314で出塁率.405と、俊足タイプではかなりの高い出塁能力を誇り、まさに理想の一番打者と言える成績を残しています。

ホームランこそ少ないもののOPSは8割を超え、二塁打、三塁打も打てるため決して単打だけの選手ではないことを証明しています。

守備では内外野こなすことが出来、2016年は左翼手での出場が多かったようです。

WBC日本代表候補にも選ばれており、今後の活躍が期待される若手の一人です。

イケメンで女性人気が高い

この選手の特徴は、なんと言っても女性人気が高いところです。

イケメンでオシャレなんですよね。

ちなみにファイターズが実施した「彼氏にしたい選手No.1決定戦」では、中島卓也、大谷翔平に次ぐ第3位に選ばれたようです。

そんな西川ファンの女性のことを「ハルキスト」と呼ぶそうです。

村上春樹とかけているのでしょうか?

ハルキって、さわやかなイケメンっぽくてイメージとあってますよね。

ちなみにエイベックスの事務所に所属しているようなので、いずれ写真集とか出すのかもしれませんね。(もう出した?)

2017年シーズンの成績予想

年々順調に成長している西川、2017年はどれくらいの成績を残すのでしょうか?

予想してみました。

打率.272 8HR 40打点 40盗塁 OPS.750

これくらいの成績になると予想します。若干辛めですが・・・。

もちろんこれは、2016年の活躍が考慮されています。

活躍した選手、それも日本一になったチームの1番打者ですから、マークは厳しくなると予想しています。

それでも実力はある選手のため、上記程度の成績は普通に残してくるでしょうね。

2016年シーズンの日本一の立役者となった西川ですが、日ハムが2017年シーズンの連覇を狙っているのならば、ぜひとも活躍が期待される選手です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする