【ソフトバンク】松田宣浩(まつだ のぶひろ)の成績・能力評価【イケメン】

松田宣浩

松田宣浩(まつだ のぶひろ)とは、3行で説明

・ソフトバンクの正三塁手

・走・攻・守揃った万能プレイヤー

・「熱男〜!!」ポーズでおなじみのムードメイカー

これまでの経歴

~小学校時代~

滋賀県出身の松田は、小学2年生のときに矢橋レモンズで軟式野球を始めます。

野球を始めたきっかけは兄が野球を始めたからだったようです。

実は松田は双子で、双子の兄もかなりの野球の腕前だったようです。

~中学時代~

中学生になると、硬式野球の栗東ボーイズに入団します。

この頃も兄を目標に頑張っていたそうです。しかし当時の監督からは、

野球センスは兄のほうが上だった

といわれています。

双子の兄を追いかけるために、猛練習に励んだ子供時代だったようですね。

~高校時代~

中京高校にした松田は、主に3番・遊撃手を任され、高校通算61本塁打を記録します。

高校で長距離ヒッターの才能が完全に開花したようです。

甲子園大会にも双子の兄と一緒に出場も果たしています。

~大学時代~

高校卒業後、亜細亜大学に進学した松田は1年目から4番を任されます。

4年生まで安定して活躍した松田は、大学・社会人ドラフトで福岡ソフトバンクに1位指名されます。

能力評価、プレーの特徴

巧打・長打ともに安定してレベルが高く、打率.280 25本塁打前後の成績を期待できる数少ない打撃力を持っています。

打撃の特徴として”早打ち“があり、長所でもあるんですが、四球を選ばないので出塁率が低いという欠点があります。

上述の通り安定感のある打撃力を持ちながら、足も速く2011年は27盗塁も記録し、当時はトリプルスリー候補の一人と評されていました。

(ただし近年は盗塁数も少なくなってきています。)

また守備力も高く、三塁手としての守備は球界No.1といわれています。

上述の通り走・攻・守揃った松田は、現在日本人No.1の三塁手だと言えるでしょう。

キャリアハイ成績3年をピックアップ!

これまでの松田のキャリアハイ3年をピックアップしたいと思います。

<2015年>

打率.287 35本 94打点 8盗塁 OPS.889

ゴールデングラブ賞

<2011年>

打率.282 25本 83打点 27盗塁 OPS.854

<2014年>

打率.301 18本 56打点 12盗塁 OPS.846

ゴールデングラブ賞

いかがでしょうか?

ずば抜けた成績を残した成績を残したシーズンはありませんが、出たら大体活躍しており、チームにとって貢献度の高い選手といえるでしょう。

将来はメジャーリーグ挑戦もあるか

日本人No.1三塁手の松田ですが、将来的にメジャー挑戦はあり得るのでしょうか?

結論としては、

“ほぼあり得ない”

ということが言えるでしょう。

2017年現在、33歳になる松田は実は2015年オフに、海外FA権を行使しています。

その結果、サンディエゴ・パドレスと交渉を進めていましたが、パドレス側からの条件で

“三塁以外の複数のポジションを守る”

という条件に松田側が難色を示し、結局合意には至りませんでした。

その後、ソフトバンクと4年16億の大型契約を結んだ松田。

契約が終わる頃には35歳になっていますので、引退までソフトバンクに骨をうずめる形になる可能性が高いです。

最後に・・・

日本代表にも選ばれている松田。

三塁手としての活躍とともに、ムードメイカーとしても大きな役割を担っていますので、頑張って欲しいと思います。

⇒侍ジャパン情報特設ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする