最強国はどこ?WBC出場国強さランキング10

2017年WBCに出場する国で、強さランキングBEST10を作成しました!

第1回、第2回優勝国の日本は何位か?

また、WBCの優勝国の予想も書いています。

【侍ジャパン】2017年WBC参加国と組み合わせ・大会日程

~Cランク~

10位 オーストラリア

・過去ジェフ・ウィリアムスも所属していた

・アテネオリンピックでは銀メダルを獲得。日本代表も敗れている

・WBCではファーストラウンドで日本と対戦予定

9位 カナダ

・プレミア12では、ベスト8に入る

・WBCは過去3大会とも、予選リーグ敗退

・アメリカの隣国ということもあり、メジャーリーガーは多い

8位 オランダ

・シーズン60本の日本記録を持つバレンティンが所属している

・前回のWBCではベスト4に入り、予選では日本にも勝利している

・破壊力抜群の打線は日本以上の破壊力がある

・国を挙げてWBCにやる気があり、今回のWBCでも本気の様相

~Bランク~

7位 プエルトリコ

・前回の準優勝国

・日本とは準決勝で対戦し、勝利している

・メジャーリーガー多数。また国としても本気度が高い

6位 キューバ

・アマチュア最強国

・オリンピックで金メダル取得の常連

・第一回WBCでは準優勝

・チームプレイに長けており、また愛国心も高い

・主力選手がメジャーリーグへ相次いで亡命しているため、以前ほどの強さはない

・しかし依然として優勝候補の一国であることは間違いない

~Aランク~

5位 ベネズエラ

・南米の強豪。メジャーリーガー多数

・投手はマリナーズのエース・ヘルナンデスが強力

・野手ではアストロズのアルトゥーベ、タイガースのミゲル・カブレラ等メジャーでもトップクラスの実力者を揃えている

・2009年WBCではベスト4に入っている

・国際大会での実績はあまりないが、いつ爆発してもおかしくない国

4位 韓国

・第一回、第二回WBCで日本を苦しめた優勝候補

・近年メジャーリーガーの数も増えており、また国として野球が盛り上がっている

・WBCの成績次第で兵役免除があり、選手は必死

・日本でも活躍した元ソフトバンク李大浩(イ・デホ)や、メジャーで長年実績を残す秋信守(チュシンス)、姜正浩、金賢洙などが注目選手

・日本とは国際試合で五分の対戦成績。対日本になると必死で向かってくるという特徴も持つ

3位 日本

・第1回、第2回WBC優勝国

・前回は3位

・野手陣は日本代表では過去最強クラス

・投手陣はメジャーリーガーが相次いで不参加を表明したことにより、不安を残す

・注目はトリプルスリーの山田や44本塁打の筒香、巨人の坂本らの野手陣

・機動力をどれだけ使えるかが鍵か

⇒侍ジャパン情報特設ページはこちら

~Sランク~

2位 ドミニカ共和国

・前回優勝国

・メジャーリーガーが多く、打線の破壊力は出場国随一

・野手ではマチャド、バティスタ、カノ、ベルトレなどメジャーでもトップクラスのスター軍団を揃える

・投手も昨年メジャーで14勝を挙げたヴェンチュラなど、実力者が多い

・国としてもWBCへのやる気が高い

・前回通りの力を見せれば、優勝の可能性はかなり高い

1位 アメリカ合衆国

・出場選手自体の個々の力はダントツNo.1

・順調に力を出せば、優勝候補No.1

・問題は国として、選手としてのやる気があるかどうか

・今回のWBCではアメリカが本気だという噂も流れており、かなり期待が持てる

・注目はトラウト、ハーパーの若手のスター選手

優勝国はどこになる?

優勝の予想はかなり難しいですが、期待をこめて今回のWBCではアメリカが優勝するのではないかと思います!

やる気さえ出せば、実力は出場国随一ですからね。

今回のアメリカはやる気アリだという噂です。

一方日本はというと、投手力に不安があるかなという印象です。

メジャーでもトップクラスの実力を持つ田中、ダルビッシュ、マエケン等の先発投手陣が出れないのはかなり痛いですね。

2017年WBCを出場辞退する日本人メジャーリーガーたちのコメント

また、165kmエース大谷の怪我による出場辞退も日本にとっては向かい風のニュースです。

大谷翔平WBC出場辞退に、日本代表への影響が大きすぎることが判明

しかし、野手陣は過去最強とも呼び声高く、あとは小久保監督の采配次第かなと思います。

出来れば3度目の世界一を奪還してほしいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする